読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェットおたくのレビューブログ

スマホ関係のテクノロジー系企業で働く30代サラリーマンがネットで購入したガジェットや本をレビューするブログ

レビュー:SONYのワイヤレスヘッドホン MDR-1000Xを使ってみた

 

f:id:amazonian44:20170318101511j:plain

 

お金に余裕ができたので、2016年の秋に購入。Bose QC 35も使用した感想を踏まえて両者を比較してみました。

 

音質

体感ではSony MDR-1000Xの方が Bose QC 35よりも良く聞こえます。あんまり専門用語を使いたくないので単純に言いますが、この価格帯でこの音質なら大満足です。

 

価格

元々MDR-1000Xの方が5,000円くらい高かったんですが今はほぼ同じ値段でAmazonで約4万円。

 

外観と使い心地

手に取った感じはBoseの方が軽いです。実際、240g(QC35)に対してMDR-1000Xは277gです。見た目は好みによりますが、僕はBoseは見た目より機能重視という印象が強く、SONYの方がデザインでは勝ってると思います。

 

ノイズキャンセリング

今までノイズキャンセリングならBose!と思っていたんですが、SONYもなかなか負けてません。

Boseだと特に設定をいじらなくても外の世界から隔離されたような静かな空間が出来上がりますが、MDR-1000Xだと少し設定をいじる必要があります。しばらく設定調節と格闘してそれっぽくはなりました。もし設定が面倒!っていう人はBoseがいいと思いますが、自分でカスタマイズが苦にならない人はSONYで問題ないでしょう。ノイズキャンセリングの性能的には少しBoseに劣るかなくらいです。

ただしこのカスタマイズはけっこう便利で、アンビエントサウンドを「ノーマル」モードにすれば自然な感じで外の音が聞こえます。「ボイス」モードにすると人のしゃべる声がマイクで増幅されて聞きやすくなります。対してBoseだと静かすぎて街中だと自転車とかにぶつかるんじゃないか心配になります。笑

 

Bluetooth

Boseをペアリングするのは一瞬ですが、SONYだとちょっとちょっと時間がかかりました。ただしNFCが使えるスマホだとこの作業が少なくなります。

 

バッテリー

片道15時間くらいの長時間フライトで利用しましたが、Bluetooth + ノイズキャンセリングオンでまだ少し残ってるくらいだったのでバッテリーの持ちは問題なし。

 

まとめ

Bose QC 35と比べてみて、音質に関してはSONYノイズキャンセリングは少し劣り、価格も今はほぼ一緒という結果でした。個人的にはノイズキャンセリングをカスタマイズできるのが気に入りました。