ガジェットおたくのレビューブログ

スマホ関係のテクノロジー系企業で働く30代サラリーマンがネットで購入したガジェットや本をレビューするブログ

Xperia XZ Premiumのディスプレイとカメラをエンジニア的目線からレビューしてみる

ソニーが2017年6月に発売したハイエンドスマホXperia XZ Premiumに触れる機会があったので早速レビューしてみました。宣伝を見ると分かりますが、XZプレミアムのウリは4Kディスプレイとスーパースローモーション撮影。今回は前モデルのXperia Z5と比較。ちなみにエクスペリアZ5には3機種がリリースされています:Z5 Compact / Z5 / Z5 Premium。カメラの性能はどれも同じで、今回使うのは真ん中の普通のZ5。

news.mynavi.jp

 

ディスプレイ

ホワイトバランスが調節できる

XZプレミアムもZ5も、SONYスマホのいいところはディスプレイのホワイトバランスが調節できるところ。他のメーカーではできません。ディスプレイには個体差があって、左右で並べるとその違いがよく分かります。さらに経年劣化で白色点が少しずつずれてきたりするので、こういうときに調節できると非常に便利。

f:id:amazonian44:20170708092333j:plain

指紋がつきやすい

ディスプレイではないですが、ボディがメタリックなのでけっこう指紋がついて見えやすいです。鏡代わりになって女性にはいいのかも。

f:id:amazonian44:20170708092457j:plain

 

4Kディスプレイは期待するほど恩恵はない

f:id:amazonian44:20170708092317j:plain

こちらが同じ画像をXZプレミアムとZ5に出したときの比較。XZプレミアムは確かに綺麗ですが、1080p(=1K)の解像度のZ5も同じくらい綺麗です。自分はこの4Kディスプレイには懐疑的で、あまり恩恵がないと考えてます。というのも、スティーブ・ジョブズがiPhone4をリリースしたときにRetinaディスプレイについて話してましたが、正常な人間の目の解像度は57 PPD (Pixel Per Degree: 単位角あたりのピクセル数)。スマホの平均的な視聴距離を考慮すると、約300PPI(Pixel Per Inch: 1インチあたりのピクセル数)必要な計算になります。逆に言うとこれ以上の解像度は見分けらません。

スマホPPIを比較(wikipediaより)してみると、以下のようにXZプレミアムが801(!)と圧倒的。しかしこれは他社が技術的に真似できないのではなく、4Kにする利益がないからでしょう。マーケティングにはいいかもしれませんが。

この4Kディスプレイが唯一役に立つのがVRヘッドセットで4Kコンテンツを視聴するとき。目とディスプレイが至近距離なので、さすがのiPhoneやGalaxyもディスプレイのピクセルが見えます。でも普及まではまだまだですね。

カメラ

スーパースローモーション

XZプレミアムのセールスポイントのもう1つが960fpsのスーパースローモーション撮影。iPhone 7Galaxy S8のスローモーションが最大240fpsなので、XZプレミアムでは4倍も遅いスローモーションが撮影できることになります。実際撮ってみると、コインを回してみただけなのになんかかっこいい。笑

他のスマホメーカーがやってないことをする、SONYらしい機能でいいと思います。(1)少々使いにくいのと(2)露光時間が短いので相当ノイズが多く、屋内撮影だと厳しいのが難点。次のモデルで改善してくれることに期待。

ローライト撮影

f:id:amazonian44:20170708094917j:plain

まずは屋内のローライト撮影画像。XZプレミアムの方が圧倒的に鮮明です。Z5はノイズを消すためにかなりぼかしてると思われます。

 

f:id:amazonian44:20170708094947j:plain

こちらのシーンではZ5は画像の隅が紫がかっています。レンズの特性上、一般的に画像の隅にいくほど暗くなっていきます。これを補正するために画像の隅の明るさを上げるのがレンズシェーディング補正。しかし、明るさを上げすぎると今度はノイズが目立ってしまうのでこのあたりは調節が必要です。Z5の場合はおそらくレンズが良くないのでこれ以上補正できないものと推測します。一方XZプレミアムの場合はかなり暗いシーンにもかかわらずものすごく綺麗。

 

f:id:amazonian44:20170708095023j:plain

Z5がこれ以上明るくできないような暗いシーンでもXZプレミアムはちょうどいい露出の画像に仕上げています。ただし、XZプレミアムの画像の照明周りに注目するとフレアのようなものが見えます。

これはカメラに内臓されているIRカットフィルターが赤外線を完全に防げてないせいで、白熱電球など赤外線を出す照明を撮影したときに起こります。スマホ評価・不具合ニュースの記事にあったGalaxy S8との比較画像でも同様の現象が確認できます。せっかくいいカメラなのにちょっともったいない。

f:id:amazonian44:20170708095048j:plain

 

屋外撮影

f:id:amazonian44:20170708095143j:plain

SONYの絵作りの特徴は高コントラストで色鮮やか。それがこの1枚に現れています。
XZプレミアムもZ5もあまり違いはなく両方好ましい感じ。SONYカメラで撮影した空は鮮やかな青で個人的にすごく好みです。ちなみにiPhoneはこれより少し赤みがかった空に仕上げています。

 

f:id:amazonian44:20170708095203j:plain

こちらは一部明るいエリア(空)を含む高ダイナミックレンジのシーン。XZプレミアムはちゃんと白とびを防いでいます。

まとめ

XZプレミアムのカメラはかなりいい感じで、噂の4Kディスプレイはうーんという感じでした。XZプレミアムもZ5も、エクスペリアは日本ではSIMフリー版が売られてないようですが、アマゾンには海外から輸入したSIMフリー版が販売されています。