読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェットおたくのレビューブログ

スマホ関係のテクノロジー系企業で働く30代サラリーマンがネットで購入したガジェットや本をレビューするブログ

モトローラのハイエンドスマホ、Moto Z Playを使ってみた感想

moto g4 plus、moto g5 plusに続いて今回はモトローラのハイエンドスマホ、Moto Z Playのレビュー。モトローラスマホはGシリーズ<Xシリーズ<Zシリーズとアルファベットの後になるほどハイエンドになります。SIMフリーなので日本でもSIMカードを差して普通に使えました。SDカードスロットがあるので64GBモデルを買わなくても32GBモデルで十分。

f:id:amazonian44:20170426122329j:plain

スペックはAmazonのページに詳しく書かれているので割愛しますが、気になった点をまとめるとこんな感じ。

  • レスポンスはラグが全く無くて速い
  • 例によってモトローラにはメーカー独自の無駄アプリがほとんどないので純正Androidに近くて良い
  • moto g5 plusとは違い、アルミとガラスで高級感あり
  • 電池が長持ち
  • 大きいけどもiPhone 6/7 Plusよりも若干小さめ
  • 大容量バッテリーのせいでちょっと重め

iPhoneやGalaxyの値段を考慮すると、Amazonで約5万円でこのクオリティはかなり良いコスパではないでしょうか。特筆すべき点は「バッテリーの持ちの良さ」とMoto Zシリーズの特徴であるMoto Modsです。

バッテリー

このスマホの一番のウリはバッテリーだと思います。容量なんと3510mAh、余裕で1、2日持ちます。iPhone 7の容量が1960mAhですから、そりゃーもう長持ち。バッテリー容量が大きいのでパソコンから給電すると遅すぎるのが欠点。あとバッテリーが大きいせいでちょっと重量感もあります。

Moto Mods

Moto Zシリーズの特徴ですが、背面に端子と磁石が付いていて色々なガジェット(Mods)が装着できるようになっています。このYoutubeビデオでどんな感じかわかると思います。 


hellomoto - Different is Better with MotoZ + MotoMods (:30 TV)

プロジェクター、外付けバッテリー、光学ズームカメラ、スピーカーが(海外で)発売中。今のところそんなに魅力的なModは開発されてませんが、噂(ITメディア)によると今後拡充されていくようです。