読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガジェットおたくのレビューブログ

主にネットで購入したガジェットや本をレビューしてます。

レビュー:池上彰の「伝える力」

池上彰の伝える力、もう10年くらい前の本ですが、未だ価値ある本です。めちゃくちゃ簡単に要約すると、分かりやすく物事を伝える方法、文章力のつけ方、プレゼンなど聞いてもらうためのポイントなどが書かれています。読んでみた感想をつらつらと。

一番自分的に良かった点が、

物事を学ぶときに、全く知らない人にどう説明したらいいか意識すると、理解が深まる。そして、深く知っていなければ相手に伝わらない。具体例として挙げられているのは「日銀とは何か、を子供に説明する。」日銀を辞書で引いてそれを読んでもいまいちピンとこない、教科書通りの説明では伝わらない。

 

んーなるほど確かに!と思いました。そして似たような経験をしたのを思い出しました。

先生が物理を教える時、普通は教科書に沿って、方程式などの基礎から入って徐々に応用をしていくと思います。しかし、僕の中学にすごく教えるのが上手な物理の先生がいて、その人はいきなり具体的な応用例から入っていきます。すごい特徴的な教え方でしたが、今思うとその先生はめちゃくちゃ物理を理解してたんだなと。
僕も多少塾講師的なことをしていたので分かりますが、その式が何の役に立つのか、今までの自分の経験とどう関係しているのか、そういうのが分からないと子供(特に勉強が苦手な子供)はすぐに興味がなくなってしまいます。具体例から入ることで、抽象的な方程式がいかに現実世界で役に立っているのかが関連づけられて、結果的に理解が深まります。子供も聞く耳を持ち、結果的に「伝わる」ようになります。

あと、読んでみて、池上さんは本当にその道のプロという印象を受けました(実際そうですが)。若い頃からいかに難しいことを簡単に説明するかを考えて努力してきた結果が今の池上さんなんだなあと納得。まとめサイトのような他人の受け売りではなく、自分の経験に基づいた話は面白いし説得力があります。皆様も是非ご一読あれ。

レビュー:ワックスの定番、ナカノとギャッツビーを比較してみた

ワックス歴10数年、髪は短め柔らかめな自分が使ってみた感想を比較してみました。比べるのはワックスの定番、ナカノとギャッツビー。

 

ギャッツビーのワックス、ムービングラバー

色々使いましたが、現在も使用中なのはピンク色のスパイキーエッジ。セット力、キープ力はナカノ以上です。今まで使ったワックスの中で一番です。その上見た目はそんなにガチガチに見えなくて良い感じ。難点は香り。芳香剤?のような香りでイマイチ好きになれません。一旦つけてしまえばあんまり気になりませんが。値段も安い! 

f:id:amazonian44:20170327225141p:plain

 

ナカノのスタイリングワックス

美容室でも使われるワックスの定番。かくいう自分も美容師に勧められて使い始めました。一番良く使うのが硬めの6番。

f:id:amazonian44:20170327222826j:plain

ファイバー系なので基本的には短髪や髪が硬い人向け。セット力、キープ力ともに素晴らしいです。ナカノの7番も使ったことがありますが、こちらは6番よりもさらに強力なセット力。ただしシャンプーで落ちづらくなるのが難点。フルーツ系の香りも好きです。

あと、ナカノのワックスにはヘアカラーの退色と髪のダメージを防止する効果もあって髪に優しいです。(さすが製薬会社!)

 

まとめ

自分の一番のお気に入りはナカノの6番です!みなさんも色々試して自分に合うワックスを探してみてはいかがでしょう。ネットの方がドラッグストアよりちょっとお買い得です。

レビュー:フィットネストラッカーIWOWNfit i6 proを使ってみた感想

IWOWNfit i6 proはいわゆるスマートウォッチのフィットネストラッカー(活動量計)です。ランニング用に使って約一ヶ月、なかなか良いです。

歩数計、時計、心拍数、睡眠モニターなどに使えます。最低限必要な性能があり、データは意外と正確!実用的な精度(±10%くらい)はあります。スマホのアプリにデータを送って管理してます。

f:id:amazonian44:20170326211732p:plain

 

良いところ 

安い

言わずもがな。他のトラッカー(Fitbitとかガーミン)と比べても1/3以下の値段の約6000円。

軽い

こういったフィットネストラッカーはスマートウォッチと比べて軽いのが良いです。iwownfitもたった20g。

操作が直感的 

電池が長持ち

メーカー情報では90分の充電で4-7日持つとのことですが、実際に1時間の充電で5日間持ちました。

 

悪いところ

たまに接続が切れる

接続が切れてもデータは記録されるので気になりません。というか接続はスマートウォッチ全般に言えることですが。

色のチョイスが黒かクリーミーな緑しかない 

まとめ

IWOWNfit i6 proは自分に必要な機能(歩数計、消費カロリー、移動距離)があって、お買い得だったので大満足です。現在出回ってるフィットネストラッカーやスマートウォッチはたとえ高価なものでも問題があります。接続が悪かったり、電池が持たなかったり、壊れやすかったり、、、それなら安くて無難なやつがいいでしょ!というのが個人的な所感。

レビュー:フィリップスの電導歯ブラシ、フレックスケアープラチナを使ったらコーヒーの黄ばみが消えた

フレックスケアープラチナを3ヶ月使った感想。いやーこれはすごい。値段以上の価値がありました。

f:id:amazonian44:20170326020841j:plain

オススメは上位2モデル

フィリップスの電導歯ブラシで特に高性能なのが「フレックスケアープラチナ」と「ダイヤモンドクリーン」。以下が公式ページから引用した比較表。主な違いはダイヤモンドクリーンの方が多機能(5種類の磨きモード)でフレックスケアーは3種類の磨きモード。そしてフレックスケアーでは強弱設定ができます。なぜオススメかというと、この2モデルにホワイトニングの機能があるからです。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/amazonian44/20170325/20170325125742_original.png

 

ホワイトモードがすごい

僕はコーヒーが好きなのですぐ歯が黄ばんでしまいます。たまに歯医者でホワイトニングをしてもらいますが、けっこうなお値段。一番安いセルフホワイトニングでも5千円くらいかかります。

フィリップスの電導歯ブラシ上位2モデルにはホワイトニングの機能があり、これが購入に至った理由です。謳い文句が「たった1週間で、自然な白い歯に」結果、本当に約1週間で白くなりました(正確には10日くらいですが)。磨いてるときに出てくる唾液に色がついていて、汚れが落ちているのが目で見て分かります。高性能歯ブラシはブラウン製もありますが、ホワイトニング機能についてはフィリップスの方が断然良い。

 

価格

値段は電導ブラシの中では最高級レベル。フレックスケアープラチナの方がダイヤモンドクリーンよりも数千円安いですが、Amazonで両方とも約2万円。

 

手動 vs 電導歯ブラシ

僕は長らく手動派でした。しかし、自分は意識しないとすぐ歯磨きが手抜きになってしまいます。ちょっと激しく歯磨きするとよく歯茎から血が出ます。以前、歯科医の後輩に「〇〇さん、もっと歯茎を刺激して磨かないと、歯茎がどんどん弱くなって血が出やすくなりますよ。そして歯茎が後退してすきっ歯になりますよ。」と言われてから意識するようにしてますが、やっぱりたまにおろそかになってしまいます。

この点、電導歯ブラシだとこういう心配がなく、しかもフィリップスのものは手動にはできない動きでホワイトニングやディープクリーニングをしてくれます。

 

まとめ 

ホワイトニング機能はコーヒーだけでなく、お茶やタバコでの着色よごれにも効果ありです。100-240V対応なので海外で使用可能なのもうれしいところ。最後に、歯磨き粉をつけて電源をオンすると飛び散るので気をつけてください。一回やらかしました。笑 口の中で電源オンしましょう。

低音がクセになるbeats studio wirelessのレビュー

Beatsのデザインと「低音の深み」が気に入って、2015年秋に購入してから未だにつかっているヘッドホン。

f:id:amazonian44:20170324113533j:plain

デザイン

僕が持ってるのはマットブラックで、めちゃくちゃ自分好みなデザインです。シンプルなデザインで、ボタンも音量調節、ストップ・スタートボタン、Bluetooth用のボタンだけ。音量調節とストップ・スタートボタンはデザインで隠れているので外観から見えるボタンらしいボタンはBluetoothのボタンのみ。

使い心地

操作性はSONYBoseと比べると一番シンプル。ヘッドホンから操作出来るのは音量調節、曲の再生・ストップ、Bluetoothのオンオフ。音量調節が上下なので直感的で使いやすいです。1日5、6時間つけていることも多いですが全然疲れません。アマゾンのレビューでイヤーパッドの耐久性が良くないというのがいくつかありますが、おそらく販売元が良くなかったんでしょう。僕のBeats Wireless Studioは1年半経った今でも上の写真のようにキレイです。注文時にはショップの評価をチェックするようにしましょう。

音質

Beatsの特徴でもありますが、低音がすごいです。今まで聞こえてなかった低音が聞こえてきて聞こえる音域が広がります。初めてBeatsのヘッドホンを使ったときはこの低音の深さに感動しました。

自分はアップテンポな曲やヒップホップを聴くときにヘッドホンを使いたくなるのでBeatsがちょうどいい。軽く曲を聴くときや動画を見るときはスピーカーや普通のイヤホンで十分と思ってます。重低音がきいた曲でテンションを上げたい人は絶対Beatsがオススメです。

Beatsの音は人によって評価の分かれるところなんですが、実はStudio Wirelessではこの低音が以前のモデルと比べると比較的軽めになっています。強すぎたクセが改善され、より多くの人に受け入れられやすくなっているモデルです。 

ノイズキャンセリング

正直言ってあまりキャンセルしてくれません。BoseSONYを使った経験からすると、Bose>SONY>Beatsのような順位づけです。ノイズキャンセリングに関してはBoseが圧倒的。

まとめ

デザインの良さと低音の心地良さが売りのBeats Wireless Studio。強くオススメです。

レビュー:MAXIMのスティックタイプのインスタントコーヒーが簡単で美味

コーヒーは好きだけど淹れるのが面倒くさい!という方(まさに自分のことですが)、必見です。

f:id:amazonian44:20170323232238j:plain

コーヒーは酸素に触れると劣化が始まり、一ヶ月もすると美味しさがなくなってしまいます。コーヒー豆を買っても、飲む頻度が少なければ美味しいのは最初のうちだけで最後の方はイマイチ。。この点、スティックタイプのインスタントコーヒーは個々に包装されているので新鮮な味が長続きします。

 

スティックタイプのインスタントコーヒーは色々試し飲みしましたが(スターバックスは味が濃かった)、一番良かったのがMAXIMのカフェアラカルトです。

味は5種類ありますが、正直違いはほとんど分かりません。笑 しかし、インスタントコーヒーとは思えないほど美味しいです。個人的にはコロンビアが好み。ちなみにMAXIMはブラック無糖なので(本来そうあるべきだと思います)、適宜砂糖やミルクを足してください。

f:id:amazonian44:20170324002019j:plain

値段もリーズナブルで一杯あたり20円以下。 是非お試しあれ。

レビュー:Timberlandのブーツを履いてみた所感

Timberland(ティンバーランド)のブーツは防水性と耐久性の高さで有名です。一番人気なのがフラッグシップモデルの6インチブーツで色がWheat Nubuck(ウィートヌバック)、通称イエローブーツです。

f:id:amazonian44:20170321234013j:plain

 

以下、感想をまとめました。

機能性に優れる

防水加工で全然濡れません。大雪、大雨の日でも問題無しでした。

デザインが良い

特にジーンズとよく合います。

慣れるのに時間がかかる

買った当初は正直足が痛かったです。靴がゴツいので歩くのに多少の慣れも必要。1、2ヶ月履いたら慣れてきたのか靴が柔らかくなってきたのか、特に気にならなくなりました。

注意事項 

僕はあまりネットでファッション物は買わないんですが、このブーツはお店でチェックして値段が安かったAmazonで購入。(ちゃんと本物でした。)一度お店でサイズや使用感をチェックしてみてください。靴のサイズは27.5cmなんですが、ティンバーランドの場合は27cmでちょうどいいくらいでした。他の人のレビューを見ても、ちょっと小さめのサイズ(-0.5cm)がちょうどいいようです。

 

男性用はこちら。

 

女性用はこちら。